• 作業員
    現在アスベストの使用は禁止され、すべて撤去する対策作業が行われています。 アスベストは非常に細かい粒子で、それは人間の髪の毛よりも細く、人の肉眼では確認できません。
  • 作業服
    アスベストに問題があるという事は数年前から叫ばれています。 それは知っていても、「身近に感じない、何のことか分からない」という方は多いです。
  • 黄色の作業服
    天然素材であるアスベストは、建築物を作るために重要な材料の一つでした。 耐火性、断熱性、絶縁性に優れており、アスベストがあればどのような作業にも応用できたので、主に防音対策や断熱対策として使用されていました。

アスベスト被害を受けた方は

黄色のヘルメット

アスベストが原因で肺がんなどの被害を受けた方は、正式に補助金を受け取ることができます。
特にアスベスト工事をおこなっていた作業員の被害者が多く、アスベストが禁止されて約10年近くたった今でも患者は増え続けています。
被害者を救う為の対策は取られていますが、その方法や問題が十分に広まっていないのが現状です。

アスベストによる被害を感じている方は、すぐにでも医療機関に相談し、検査を受ける必要があります。
健康被害が出ていない場合でも、アスベストを扱っていた経験がある方や住宅に住んでいた方は検査するようにしましょう。
アスベストは蓄積… Read more

資格が必要な重要な任務

ヘルメット

アスベストの対策や処理は、專門の資格が無いと行うことができません。
なので、業者へ依頼する時は慎重に選ぶ必要があります。これまでの実績や資格を所有しているかをしっかり確認してから相談するようにしましょう。
業者を探すには、公共機関に問い合わせるか、ネットから調べると確実です。

アスベストの処理作業を行ってる業者は全国各地にあるのですぐに依頼することができます。
多くの業者がサイトを所有しているので、アスベストに関する詳しい情報や、作業方法を知ることができます。
診断サービスを行っている業者があるので、依頼して問題があれば処理をするとい… Read more

我が家は大丈夫なのか

現場公共施設や人目につく建築物に使用されていたアスベストはほぼ処理され、問題ない状態になっています。
団地や一戸建て等の住宅地でも調査や処理作業の対策が取られていますが、まだまだ残っているのが現状です。
1995年にアスベストの使用が禁止されましたが、それ以前に作られた建築物にはアスベストが使用されている可能性が十分に考えられます。

自宅の築年数を確認し、95年より以前に建築されている事が分かったらすぐに専門業者へ連絡しましょう。
むやみに触れたり解体すると、アスベストが浮遊し人体に悪影響を与える恐れがあるので、全て業者に任せる必要があります。
業者へ連絡した後は… Read more

アーカイブ
カテゴリー